いつまでも“好きなもの”が“好きでいられる”そんな時代って『いい世界』なのですかね??それとも、色々な業界に踊らされているのかもしれない・・・。そんな想いをこめたブログです。
 
予告した『機動戦士ガンダムUC episode 7 ~虹の彼方に~』の感想のその2です。

962f905a.jpg

前回も否定や酷評続きで、不愉快になられた方々には申し訳ありませんが

今回も、同じような否定や酷評の内容になってしまっています・・・。

まぁ~~個人的な意見の一つということで・・・大目に見てください。






まずは、素朴な疑問ですが「ユニコーンガンダム」の“型式番号 RX-0”っていう設定自体

初めから一番、引っかかるところで、胡散臭い部分でもありました。

なんで、“型式番号 RX-0”なのか?矛盾してません??

取って付けた感じで相変わらず“安易な設定”に思えます。




次に「ユニコーンガンダム」と「ユニコーンガンダム2号機 バンシィ」の

サイコフレームの発光色についてですが

小説では当初、搭乗者によって発光する色が変わるって感じでした。

だから、バーナージの場合は、サイコフレームの発光色は赤で、

そして、プルトゥエルブ(マリーダ・クルス)の場合は、

強化人間で、サイコミューが使えるので、サイコフレームの発光色は金なのは

まぁ~パイロットによって、サイコフレームの発光色が変わるのは理解できるのですが

リディ・マーセナスが「ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン」のパイロットになっても

サイコフレームの発光色は金のままでした・・・。えぇ??なんで??

急に、公式設定で“発光がなぜ起こるのか、発光色の差異は何を表すのかは、

開発したアナハイムのスタッフですら分かっていない。”と説明されてます・・・。

じゃぁ~ラストに、アムロのνガンダムと同色の緑色に発光したのは?

また、都合のいい辻褄合わせしか思えません!!どうなっているの?




そして、「ユニコーンガンダム」は“壊れないMS”って基本的にどうなんでしょう?

小説でも“壊れないMS”や“メンテナンスできないMS”の設定とか、触れられていましたが・・・。

「ユニコーンガンダム」は、MSで兵器ですねよ・・・矛盾してませんか?

ビームは弾くわ、実弾が直撃しても、OVAではシールドが破損程度ですから・・・・。

万能すぎませんか?“壊れないMS”って、ホントに胡散臭くないですか?




次に、具体的に「ネオ・ジオング」って、あれ何ですか??

イメージは『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』の

「ガンダム試作3号機(デンドロビウム)」らしいですが・・・・。

だったらもっと、戦えよぉ~~!戦闘シーンが少なすぎ!!

せめて、ノイエ・ジールと対峙した序盤ぐらいの活躍を見せないと意味がないですよね!

単純に「ネオ・ジオング」ってデカすぎじゃない??

それと“ネオ・ジオン~袖付き~”が困窮なはずなのに、

あれだけのデカブツを開発・製造する巨大な資金を持っていたのか?大疑惑です!!

小説だと“ネオ・ジオン~袖付き~”や“フル・フロンタル”の

バックには「風の会(ジオン共和国内部の右翼団体)」が存在してましたが

アニメ版には、そんな団体は存在してないようですし

バックがあったとしても、資金のほかに、技術者の数など

そんなに連邦軍の監視を逃れて、デカブツを開発・製造は可能だったのでしょうか?

あの「シャアの反乱」のあとで、困窮なはずなのに・・・・・。

第一に「ネオ・ジオング」のデザインは、どうなんでしょうか?

“ネオ・ジオン~袖付き~”の組織で考えると

開発・製造や、資金面を考えると、もっとコンパクトでシンプルなMAの方が現実的なような気がします。

『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』の時代は

戦後復興のバブル景気みたいな感じで、MS開発に巨大な資金が積み込まれていた頃で

「これが、MSか!!」と絶句するような、大きさの兵器の開発・製造が可能だったと思いますが・・・。

カトキさんのデザインって、しばしばMSの開発が進み発展する設定だと

さらに巨大化していく系統のデザインが多い気がします。

本当ならば、資金難や技術者不足を賄うために、いろいろと工夫して

コンパクトで斬新なアイディアのデザインの方がよかったので

ネットで出回っている「シナンジュ・バインニヒツ」の方が、自然のような気がします。

17d228a8.jpg




続いて「ユニコーンガンダム」の表現については、小説からいろいろと思うところがありましたが・・・。

“コロニーレーザー”を「ユニコーンガンダム」と「ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン」の

サイコフレームの共振で“サイコ・フィールド”を展開し超常現象で阻止する描写がありましたが

「逆襲のシャア」の“アクシズ・ショック”を見せたかったようですが

あれは、大勢の意思、すなわち「地球を救いたい」との思いから

意思が集まりサイコフレームが起こした奇跡の超常現象なのに

バナージ一人、または、少人数の意思で、あのような奇跡を起こせるなんて・・・・

バナージは、アムロやシャア、ましてやカミーユやジュドーを超越したニュータイプなのでしょうか?

その能力は『機動戦士ガンダム00』のスーパーイノベーター以上の能力の持ち主なのか?

そんなことを思ってしまうと、すごく、矛盾に満ちて、インチキ臭いシーンに見えました。
 
このシーンを成立させるなら、私だったら「逆襲のシャア」で回収されたνガンダムのサイコフレームが

ユニコーンガンダムのサイコフレームに転用されていて

また、シュナンジュにも、サザビーのサイコフレームが転用されている設定があり

サイコフレームの中に蓄積された“アクシズ・ショック”時の大勢の意思(思い)の残留思念が

バナージの感応波と“NT-D”のプログラムで再現され、広範囲に“サイコ・フィールド”を展開し

“コロニーレーザー”を阻止する場面が、“アクシズ・ショック”のオマージュとしても成立するのではないのでしょうか?

サイコフレームが、未知の物質ということで、“なんでもアリアリ”に使用するのは、いかがなものかと思います。

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ 』でも、『機動戦士ガンダムF91』でも

『機動戦士Vガンダム』でも、そんな胡散臭いサイコフレームの表現は、ありませんでしたよね。

サイコフレームの“結晶化?”または“ELS化”って、質量が増加しているじゃん!!

また、ラストに装甲が復元する表現なんて・・・・やりすぎなんじゃないですか!!

『機動戦士ガンダム』って、一環としてリアルロボットを描いているんですよね!

まぁ~「逆襲のシャア」の“アクシズ・ショック”やカミーユやジュドーを超越したニュータイプと

バイオセンサーやサイコフレームの表現で行き過ぎた演出や描写などはありましたが

その現象は、規模や人数に比例したものだったと思います。

例えば、カミーユVSシロッコ、ジュドーVSハマーンは、個人レベルの現象で

「逆襲のシャア」の“アクシズ・ショック”は、人類間の現象です。

個人的には、この程度なら許せる範囲ですが・・・・。

サイコフレームの“結晶化?”または“ELS化”して“コロニーレーザー”を

個人のバナージとリディで消滅させるなんて・・・。

まぁ~~サイコフレームの共振の表現は、目をつぶったとしても

サイコフレームの“結晶化?”または“ELS化”して

また、装甲が復元する表現なんて・・・・いかがなもんかと思いませんか?

それは、新しい“ニュータイプ”の可能性を表現ですか?

それとも、やりすぎなんじゃないですか!!って、質量が増加しているじゃん!!




前にも書きましたが「『機動戦士ガンダムUC』 最高!」って思っている人は

どこら辺が、心に残ったのか聞いてみたいですね。

そして、『機動戦士ガンダムUC』とは、なんだったのか?

まぁ~~そんな感じで、感想は以上です。
 
 


コメント欄に「感想」などを書き込んでもらえると

テンション上がるので。。。よろしくお願いします。

↓ランキングに参加しています。応援クリックをお願いします。
blogram投票ボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村
プラモ・模型ブログランキング

↓『ガンダム30周年記念』のトラコミュも作っているので
よかったらメンバーに参加してください。
色々な期待を込めて、いざ"同志達"集まれ!!
にほんブログ村 トラコミュ ガンダム30周年記念へ
ガンダム30周年記念



↓ガンプラの作品例やデジラマなどを検索できるサイトです。
Gungle 『ガンプラ検索システム』
Gungle 『ガンプラ検索システム』


↓メインのHPです。サイト内に昔製作したガンプラを掲載しています。よかったら見て下さい。
my HOBBYな『ポートフォリオ』(仮)
my HOBBYな『ポートフォリオ』(仮)
スポンサーサイト
予告した『機動戦士ガンダムUC episode 7 ~虹の彼方に~』の感想です。

962f905a.jpg


みなさん、本当にあれでいいのですか?

私は、もっと批判があってもいいような気がします。

まぁ~『機動戦士ガンダムAGE』の作品の質やレベルが違うので

根本的に別次元の批判とは、本質的に思いますが

『機動戦士ガンダムAGE』の時のような批判もあっていいと思いますが・・・・。



観て「『機動戦士ガンダムUC』 最高!」って思っている人は

どこら辺が、心に残ったのか聞いてみたいですね。

そして、『機動戦士ガンダムUC』とは、なんだったのか? 

前回も酷評になりますが、小説の連載当初から、そしてOVAまで

そして、福井さんの小説を何冊が愛読して、その中の意見です!

にわかファンではありませんし、アンチガンダムファンではありません!

まぁ~~一人のガンダム愛好家の意見として参照ください!




 
あぁ~~ぁ・・・って言う部分を中心に感想を書きます。 
 
全体的に、小説でもそうでしたが、色々と伏線を張り

何か、大きなことがあるようにアオっているようですが

相変わらず“肩透かし”または、“チープな答え”そして

渋い言葉を使っていますが、セリフに“重み”を感じられない。

しかし、製作者はシリーズの最終回なので

小説より面白くしたいとの願望はあったような気がしますが

雑誌などのインタビューなどを読むと、原作者の意向で邪魔されたみたいですね。

しかし、少しだけ製作者側が方向修正したような感じがしました。

やっぱり、小説の「亡霊は闇に帰れ!」という幼稚なセリフがなくなってましたが・・・。





まずはじめに、人物描写で、ジンネマンや偽装貨物船ガランシェールの船員たちが

ネルアーガマを護衛するために、同志の“ネオ・ジオン~袖付き~”と戦闘してましたね。

そんなに単純に、行くもんですかね・・・・。戦争しているんですよ!

色々な出来事があり、今までどんな気持ちで、そして思いで生きてきたのか?

一年戦争というものを体験し、忘れられない遺恨や、恨み辛みを持っている者たちが

そう簡単に、敵味方を変えられるのでしょうか?思考や感情を変えられるのでしょうか?

今まで、味方だった人たちを殺すんですよ!信じられますか??

そして、今まで憎悪しかなかった人たちと共闘するなんで・・・。

小説でも、OVAでもそこらへんが、チープな表現で、非常に残念です・・・・。

『機動戦士ガンダムAGE』の時もそうでしたが

作者や、製作者が、もっと深く戦争という異常な状態をキチンと表現して欲しいです。

戦争体験者が、少なくなった制作サイドなので、戦争というものを描く難しさがあると思いますが

そこらへんが、私には、軽い物語に思え、本当に残念です・・・・。

まだ、『機動戦士ガンダム00』の方が、戦争という“負の部分”を描いていたような気がします。





それに“フル・フロンタルの正体””って、あれじゃぁ~。。。『肩透かし』ですよ。。。本当に。。。。

出来れば<シャアのクローン>または<『逆襲のシャア』の影武者>

<ジオン・ダイクンのクローン>、<ジオン・ダイクンの隠し子>などなど

それだったら結構面白かったのに。。。。

そして“フル・フロンタルの最後”があれじゃぁ~ねぇ~

ファンサービスなんでしょうが、辻褄が合ってない気がします・・・。

そもそも、「サイド共栄圏」(=「コロニー共栄圏」)構想って

本当に、シャアが理想とする新しい世界の形なのでしょか?

シャアの理想って“ニュータイプ理論”に基づく行動だったりしたのでは?

「サイド共栄圏」の政治家的な発想には、すごく矛盾を感じませんか?





そもそも「ラプラスの箱」って、あれはあれでいいんでしょうか?

一世紀も前のものであんなに影響力があると思いませんが。。。

そんななか、この作品“ずるい逃げ道”を使っています。

今回も『「ラプラスの箱」を開放することによって、世界が”変わるか”または

“何も変わらない”かは分からない』と言うセリフが出てきます。

えぇ??これって“ずるくないですか”??

それじゃぁ~「この物語自体ぶち壊しの設定じゃないですか!!」

初めから、逃げ腰の設定=「ラプラスの箱」ってチープすぎる。。。。

“何も変わらない”ってね。。。これ以降の『機動戦士ガンダムF91』や『機動戦士Vガンダム』に

「ラプラスの箱」の中にあるものがなにも影響していない。

本当なら世界に大きな影響を与えないと、この『機動戦士ガンダムUC』の世界は成立しないのでは??

この「ラプラスの箱」をめぐる事件は、『金持ちたちが起こした<戯言>の争い』って感じですかね??

テロや事件ぐらいの出来事なんですかね。。。。 
 
 

ところで以前、小説を読んだときにも書きましたが

ラストに「ラプラスの箱」を使って世界中に、“ミネバ”が演説しますが

結局のところ、何がしたいのが?公表して何かなるのか?

その後、どのような影響を及ぼしたのか?

演説の内容からして、セイラや、シャアがしないと

“ジオン・ダイクンの意思を受け継ぐもの”または

“ジオン・ダイクンが示した資質を見出した物”でなければ

説得力もないし、人々に伝わらないのではないかと思いますが。

“ミネバ”ではどうなんでしょうか??ただの“ザビ家の末裔”ですよね“ミネバ”って・・・。

結局、何も次の物語につながらないですね・・・・。

出来れば、この演説で『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ 』の

「反地球連邦政府組織"マフティー"」成立のきっかけになったとか

新たな、“ニュータイプ思想”が生まれたとか・・・・。

サービスとして、ハサウェイ・ノアが、「マフティー・ナビーユ・エリン」を名乗ったきっかけになったとか・・・。




最後に、映画公開と同時に発売された「ガンダムUCエース Vol.6」

201405160135147256.jpg


なんなんですか、あれは!!びっくりですよ!!

新作マンガが2本しかないんですよ!!

あとは「ガンダムエース」で連載した古い作品を載せているだけなんです!

しかも、『機動戦士ガンダムUC episode 7 ~虹の彼方に~』についての裏話なんかも掲載されていない!!

いくら、特別付録に「HGUC専用ハイパー・ビーム・ジャベリン」が付いているから

そらぁ~~ないですよ!!価格は840円もするのに!!詐欺ですよ!本当に詐欺!!

最近は、本屋で中身を確認できないので、購入するしかないので仕方ないですが・・・。

あぁ~~これで、本当に『機動戦士ガンダムUC』が受け入れられない作品になりました。



まだまだ、書きたいことが山ほどありますが

今回のところは、こんな感じで・・・・。

次回、機会があれは、続きを書きたいと思います。




コメント欄に「感想」などを書き込んでもらえると

テンション上がるので。。。よろしくお願いします。

↓ランキングに参加しています。応援クリックをお願いします。
blogram投票ボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村
プラモ・模型ブログランキング

↓『ガンダム30周年記念』のトラコミュも作っているので
よかったらメンバーに参加してください。
色々な期待を込めて、いざ"同志達"集まれ!!
にほんブログ村 トラコミュ ガンダム30周年記念へ
ガンダム30周年記念



↓ガンプラの作品例やデジラマなどを検索できるサイトです。
Gungle 『ガンプラ検索システム』
Gungle 『ガンプラ検索システム』


↓メインのHPです。サイト内に昔製作したガンプラを掲載しています。よかったら見て下さい。
my HOBBYな『ポートフォリオ』(仮)
my HOBBYな『ポートフォリオ』(仮)
『機動戦士ガンダムUC episode 7 ~虹の彼方に~』を鑑賞しました!!

小説を全巻購入して、そしてOVAepisode1~6を鑑賞し

そして、ラストエピソード「虹の彼方に」を鑑賞して

『機動戦士ガンダムUC』のメディア展開の最後です。

興行的にも、大・大成功といってもいいのではないでしょうか?

今後の、ガンダムシリーズ制作にも弾みがついたようですね!!

映画館は、まるでお祭り騒ぎのようでした!!

962f905a.jpg
2014052010370000.jpg
2014052010380000.jpg
2014052010370002.jpg
2014052010380001.jpg

2014052010450000.jpg
2014052010440002.jpg
2014052010450002.jpg
2014052010450003.jpg

2014052010440000.jpg
2014052010450001.jpg

まぁ~『機動戦士ガンダムAGE』が散々だったので

ガンダムファンとしては一安心です!!


それで、感想はというと・・・うぅ~~ん・・・・。

みなさん、本当にあれでいいのですか?

個人的な感想は・・・。とても、長くなり、しかも酷評なので

ただ今、作成中です・・・。次回、アップします!

とりあえず、2015年から始まる新たなガンダム

『ガンダム Gのレコンギスタ』、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』を期待して!!



【速報】

『機動戦士ガンダムUC』第5話

「黒いユニコーン」

プロモーション映像(ショートバージョン)分が

ネットにアップされたのでブログに貼り付けます!!

いつものことですが、消される前に急げ!!






“バンシィ”

“デルタプラス”がカッコイイ!!

“カイ・シデン”も登場!!



ストーリーはどうなるか分かりませんが・・・




コメント欄に「感想」などを書き込んでもらえると

テンション上がるので。。。よろしくお願いします。

↓ランキングに参加しています。応援クリックをお願いします。
blogram投票ボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村
プラモ・模型ブログランキング

↓『ガンダム30周年記念』のトラコミュも作っているので
よかったらメンバーに参加してください。
色々な期待を込めて、いざ"同志達"集まれ!!
にほんブログ村 トラコミュ ガンダム30周年記念へ
ガンダム30周年記念



↓ガンプラの作品例やデジラマなどを検索できるサイトです。
Gungle 『ガンプラ検索システム』
Gungle 『ガンプラ検索システム』


↓メインのHPです。サイト内に昔製作したガンプラを掲載しています。よかったら見て下さい。
my HOBBYな『ポートフォリオ』(仮)
my HOBBYな『ポートフォリオ』(仮)
ついつい、付録につられ“厄年”になっても

『ガンダムUCエースvol.2』を購入してしまった・・・。

IMG_0001_1_20110306183344.jpg


付録に「MG ユニコーンガンダム用ビーム・ガトリングガン(アニメ版)」

以前、小説版の付録「MG ユニコーンガンダム用ビーム・ガトリングガン」
も持っているので

“4連ビームガトリングガン”が出来るんです!!

IMG_0002_1_20110306183345.jpg


しかし、肝心の「MG ユニコーンガンダム」作成が滞っています・・・。

まぁ~ゆっくり、ゆったり頑張ります!!

ちなみに「MGシナンジュ専用バズーカ」も持っています。

IMG_0003_1_20110306183345.jpg


この3種類を「MG ユニコーンガンダム」を持たせるのが夢ですが・・・。

いつになるのやら・・・。


追伸
刹那 FROM セイエイさんメッセージありがとうございます!!

お元気ですが?私は元気でやってます!!

あれから、仕事も忙しくなりバタバタして

ブログのあまり更新・監理も出来ない状態でした。

心配して頂き、本当に有難うございます!!

これからも、よろしくお願いします!!



コメント欄に「感想」などを書き込んでもらえると

テンション上がるので。。。よろしくお願いします。

↓ランキングに参加しています。応援クリックをお願いします。
blogram投票ボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村
プラモ・模型ブログランキング

↓『ガンダム30周年記念』のトラコミュも作っているので
よかったらメンバーに参加してください。
色々な期待を込めて、いざ"同志達"集まれ!!
にほんブログ村 トラコミュ ガンダム30周年記念へ
ガンダム30周年記念



↓ガンプラの作品例やデジラマなどを検索できるサイトです。
Gungle 『ガンプラ検索システム』
Gungle 『ガンプラ検索システム』


↓メインのHPです。サイト内に昔製作したガンプラを掲載しています。よかったら見て下さい。
my HOBBYな『ポートフォリオ』(仮)
my HOBBYな『ポートフォリオ』(仮)