いつまでも“好きなもの”が“好きでいられる”そんな時代って『いい世界』なのですかね??それとも、色々な業界に踊らされているのかもしれない・・・。そんな想いをこめたブログです。
 
『機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』を観てきました!!

知人の三人(全てオッサン)と観賞しました。

個人的な感想を一言で言うと“歴史に残るガンダム映画”だと思います。

知人の1人(Seedファン)は、あまり良くなかったそうで・・・・

「これって、ガンダムじゃなくて、マクロスじゃん!」との感想。

もう1人の知人は、私と同じように好感を持てようでした。

その知人がELS(地球外変異性金属体)が出てくると分かった時

「とうとう、ガンダムも宇宙戦艦ヤマトを超えるのですね!」と冗談を言ってました。




水島監督が『Gフェスティバル2009』で言っていたように

本当の意味で「オレたちが作ったガンダムでファーストガンダムを“ぶっ壊す”」という

目的を劇場版『機動戦士ガンダム00』で達成したと思います。




 またパンフに寄稿してた藤津亮太氏のレビューを抜粋すると

~特に印象深いのはエンドクレジット後に語られるエピソードだ。

 そこでは「すべての原点となった過去の風景」「刹那の示した未来を生きる人類の姿」

 「刹那のドラマの終着点」が描かれる。~


ラストシーンに集約された『機動戦士ガンダム00』という作品が導いた【答え】があります。

それは、水島監督が目指した「ガンダムらしくない“ガンダム”」でしょうか。




劇場版『機動戦士ガンダム00』は全体的にまとまった作品でしたが

その中でも気になったところが“2つ”ほどありました。

まずはじめは、今回の敵(?)ELS(地球外変異性金属体)の設定が

どうしても皆川亮二氏の原作マンガ『ARMS』(アームズ)

宇宙から飛来した地球外生命:アザゼル

(『ARMS』の元となる群体のシリコン生命体)
に似ていたような・・・。・

『ARMS』でアザゼルの解説は

~見た目はただの隕石のようだが意志を持ち、人の「心」に憧れている。

 その為、今そこにある最も強く純粋な「想い」に惹かれ

 姿と性質を変化させる。~とありました。



今回ELSも同じような特徴で性質も同じような気が・・・。



そして“対話を得て、全てを分かりあえたラストシーン”でしたが

“対話もできず、分かりあえなかった「人」”が1人・・・。

フェルト・グレイスの思いが結局、刹那・F・セイエイに届かず

二人ともと分かりあえず、ラストにも絡まず

刹那はマリナとは心が一つになりますが

フェルトは、どうなったか分からず物語が終わってしまいます・・・。

そこが、少し消化不良で気になりました。




しかし、いやぁ~~ほんと面白かったです!

テンポもいいですし、もう一度見たいくらい良かったです。

まぁ~~賛否両論の作品になると思いますが

個人的には、焼き直しの「ガンダムSeed」よりは

人類をテーマにした“新しいガンダム”=『機動戦士ガンダム00』になったと思います。



映画で本当に『完結』してしまいましたが

もっと『機動戦士ガンダム00』を観たいですね。



余談ですが、やはり人間は「対話」が必要です。

「分かってくれるだろ~」や「まぁ~大丈夫だろう~」と

コミュニケーションが希薄になってくると

人間関係に亀裂が生じてきます。

いま、メールでますます「対話」が希薄になってきて

「意思の疎通」を取らないままなのに

コミュニケーションをしているように錯覚しています。

『機動戦士ガンダム00』は、そういった、時代の中で

かつての「富野版ガンダム」のように後に

高く評価される作品だと思います。



コメント欄に「感想」などを書き込んでもらえると

テンション上がるので。。。よろしくお願いします。

【広告】↓無料ダウンロードソフトです!!
【RealPlayer SP】 a


再生だけではなく、動画の検索とダウンロードも。
ファイル形式の変換、iTunesへの転送も可能になった
RealPlayer SP (リアルプレーヤー SP) 最新版。

使いやすくプレイヤーです!!
無料なので、とりあえずダウンロードをどうぞ!!


↓ランキングに参加しています。応援クリックをお願いします。
blogram投票ボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村
プラモ・模型ブログランキング

↓『ガンダム30周年記念』のトラコミュも作っているので
よかったらメンバーに参加してください。
色々な期待を込めて、いざ"同志達"集まれ!!
にほんブログ村 トラコミュ ガンダム30周年記念へ
ガンダム30周年記念



↓ガンプラの作品例やデジラマなどを検索できるサイトです。
Gungle 『ガンプラ検索システム』
Gungle 『ガンプラ検索システム』


↓メインのHPです。サイト内に昔製作したガンプラを掲載しています。よかったら見て下さい。
my HOBBYな『ポートフォリオ』(仮)
my HOBBYな『ポートフォリオ』(仮)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
00こそ最高のアニメ
しつれーします!
名前変えてばかりですみません。
ついに劇場版ガンダム00見てきたのですね!
羨ましすぎます!!!!!×10
いいなー。
やはり00良かったのですね!
いやー、わたしの地域の00の公開日は10月30日ですから、まちどうしすぎで病気になりそうです。。
まだ見ていませんが、わたし思うんです、
きっと00ならわたしを(いい意味で)唖然+絶句させてくれると信じでいます!
やはり00は、このテーマの素晴らしさ、ストーリーとの融合で史上最高のアニメとなっていると思います。(マジでです)
あっ、ちなみにわたしは、ブログとかはやってません。。すいません。
アイLOVE00!
それでは!!
2010/09/24(金) 00:10 | URL | 刹那 FROM セイエイ #-[ 編集]
真の評価は数年後に…
先日はありがとうございました。お疲れ様でした!

いやぁ、導入部分を見逃したのは痛かったですが(自業自得)
それ以外はホントに楽しく観ることができました。
あまり期待していなかった為により良い印象を受けたのかも
クロスメディアで展開され情報を追うだけで大変でしたが
その漏れたネタバレを追いかける行為自体も楽しめました。

気になったのは管理人さんが挙げた点の他に制作者側が
見る側にある程度のネタバレ要素を把握していることを
求めている事でした。ま、把握してなくとも何度も見て
理解してくれと言う事なんでしょうが…

それはともかくSFエンターテイメントとして純粋に楽しめる
映画でありました。『後世の歴史家に笑われない』作品だと
思いますよ、クルーゼさん。
2010/09/25(土) 01:59 | URL | 知人I #-[ 編集]
僕はまだ00劇場版は見ていないんですが、
この映画のテーマは素晴らしいと思います。
お互いにわかり合う
ということをテーマにし、深く追求していく
00、本当に素晴らしい。
これは人類がもっとも深く考えなければいけないことだと思います。だからこそ00は素晴らしい。
失礼いたしました。
ILOVE00
2010/10/08(金) 22:05 | URL | 刹那 FROM セイエイ #-[ 編集]
ついに、、、、、、、、、、、、
ついに、、、、、
ついに、、、、、、、、!
劇場版00、見にいきました!!!!!!!

一言でいうと、最高の感動を感じました。
ラストには友達がいたにもかかわらず、
泣いてしまいました。。。
それほど感動してしまいました。。。
最高
最高
最高
それくらいの言葉しか出てきません。。。。
また見にいきたいーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


2010/10/30(土) 14:30 | URL | 刹那 FROM セイエイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kento00.blog100.fc2.com/tb.php/209-ec38a6d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック