いつまでも“好きなもの”が“好きでいられる”そんな時代って『いい世界』なのですかね??それとも、色々な業界に踊らされているのかもしれない・・・。そんな想いをこめたブログです。
 
『GUNDAM BIG EXPO』で並んで買った
『機動戦士ガンダムUC 9&10巻』を“イッキ”に読了。
IMG_0001_2_20090914214814.jpg

事前に『GUNDAM BIG EXPO』で本を購入すると
“福井 晴敏さんの握手が出来る”との情報がありましたが
会場に入場した際にはすでに整理券分の列ができていて。。。
やむなく断念。。。悔しかった。。。

まぁ~そんなことはさておき
とりあえず『機動戦士ガンダムUC 9&10巻』の感想を簡単に。

『機動戦士ガンダムUC 9巻 ~虹の彼方に 上~』
これは展開が速くてストレスなく読むことができました。
クライマックスに向けて“ガンダム”らしさが
やっと出た感じの作風で面白かった。
MS戦の行はスムーズに映像が目に浮かぶくらい。
8巻より富野さんが描く「機動戦士ガンダム」の
宇宙世紀の世界観に近い描写だった。
いやぁ~“イッキ”に読める初めての
『機動戦士ガンダムUC』でしたね。


『機動戦士ガンダムUC 10巻 ~虹の彼方に 下~』
10巻はなんと前9巻に比べまるで全てを打ち消すかの如く
読んでいくとテンションが下がってしまう内容になってます。
文章と表現でストレスがたまる少し残念な印象でした。
なんせ風景や建築物の描写が“クド過ぎる!!”
イメージがどうしてもビジョンとして想像できない
文章が辛い、当初の1~4巻ぐらいの作風になった
最終巻がとても読んでいて残念だった。。。。
ラスト近くの文章表現は如何なものかと。。。。
うぅ~ん。。。どうなんだろ。。。。
この「間延び感」は。。。ラストもね。。。


<『機動戦士ガンダムUC』の総評>(ネタバレ含みます)
結局『機動戦士ガンダムUC』とは何だったのだろうか。。。
読み終えたときにふと思ってしまったことは
「ガンダムに踊らされて買ってしまった」と。
IMG_0001_1_20090914193134.jpg


ストーリー展開や設定は“賛否両論”があると思いますが
個人的には「ラプラスの箱」をめぐる物語自体
戦争と言えずスケールが小さすぎる。。。
大義名分が主軸にないので色々と全体的に
物語が「ブレて」いるような感じが。。。


“ネオジオン”での“ミネバ”の立ち位置がはっきりしない。
“ネオジオン”に派閥があるのかないのか。。。
“ミネバ”の側近自体出てこないし。。。
組織が今どの状況なのか作品では理解不能だし。。。


一番に理解不明な点は『逆襲のシャア』では
たしか「機動戦士ZZガンダム」で“アクシズ”の残党を
“ネオジオン”として再結成した設定と
「“ザビ家”は正当な“ジオンの意思を継ぐものではない”と
“ザビ家”を排除した」シャアの演説でそんな内容を語っていたのにかかわらず
“ネオジオン”の党首になっている“ミネバ”は??
うぅ~ん。。。理解不能な設定と世界観。。。。


主人公の“バナージ”は急に志が変わりこの戦いに加わっていく行
“バナージ”の成長が見えてこない。。。。
“バナージ”が始めから“ニュータイプ”??と疑ってしまいます。。。
成長過程がよくわからない。。。
“ガンダムユニコーン”の「サイコフレーム」で
“ニュータイプ”になったのか??
歴代ガンダムのパイロットのようなキャラ設定が上手くいっていない
もしくは「いいところを寄せ集め」しすぎたのか。。。。
なんか中途半端!!しか思えないし
感情移入できない主人公でした。


『逆襲のシャア』のようにラスト「サイコフレームの共振」で
“バナージ”が見た“未来”ってどうなの?
表現や解釈がなぜか<しっくり>しなかった。。。
いい題材があるのに設定や描写が活かされていない。。。
全体的にとても“残念”です。
だから<10巻>がチープな作品に思えて
最終巻なのにもったいない。。。


もともと『逆襲のシャア』のラストで
世界中の人々の意思が集まり「サイコフレームの共振」で
アクシズの墜落を防ぐ“奇跡”起こしたのに
今回は世界中の人々が知らない間の出来ごとなのに
「サイコフレームの共振」を起こして“奇跡”が起こるって。。。
そんなに人々の関心が少ないのに。。。。


アムロとシャアはどのような状態で行方不明とされたのか??
そもそも、そこら辺が不明なのに“ガンダムユニコーン”
「サイコフレーム」で「サイコフレームの共振」を起こし
意味不明の現象で“あることを解決”するなんてね。。。
ちゃんと設定を作ってから演出として
「サイコフレームの共振」を使って欲しかった。。。


ラストに「ラプラスの箱」を使って世界中に
“ミネバ”が演説しますが
演説の内容からして本当ならセイラやアムロ、シャアがしないと
“ジオン・ダイクンの意思を受け継ぐもの”または
“ジオン・ダイクンが示した資質を見出した物”でなければ
説得力もないし、人々に伝わらないのではないかと思いますが。
“ミネバ”ではどうなんでしょうか??
ただの“ザビ家の末裔”ですよね“ミネバ”って。。。


“フロンタルの正体””って、あれじゃぁ~。。。
『肩透かし』ですよ。。。本当に。。。。
出来れば<シャアのクローン>または<『逆襲のシャア』の影武者>
<ジオン・ダイクンのクローン>、<ジオン・ダイクンの隠し子>などなど
それだったら結構面白かったのに。。。。
“フロンタルの正体”があれじゃぁ~ねぇ~
だれも納得しないのでは。。。


「ラプラスの箱」ってあれでそうなんでしょうか?
一世紀も前のものであんなに影響力があると思いませんが。。。
そんななか、この作品“ずるい逃げ道”を使っています。
「ラプラスの箱」を開放することによって、世界が”変わるか”または
“何も変わらない”かは分からない』と言うセリフが出てきます。
えぇ??これって“ずるくないですか”??
それじゃぁ~「この物語自体ぶち壊しの設定じゃないですか!!」
初めから、逃げ腰の設定=「ラプラスの箱」ってチープすぎる。。。。
“何も変わらない”ってね。。。
これ以降の『機動戦士ガンダムF91』や『機動戦士Vガンダム』に
「ラプラスの箱」の中にあるものがなにも影響していない。
本当なら世界に大きな影響を与えないと
この『機動戦士ガンダムUC』の世界は成立しないのでは??


この「ラプラスの箱」をめぐる事件は
『金持ちたちが起こした<戯言>の争い』って感じですかね??
テロにも入らないぐらいの出来ごとなんですかね。。。。


最後に本当に!本当に個人的な感想としては
<やりたいことは分かるけど>
ある意味、目指していた“域”に達してない作品ですかね。。。
「ガンダム素人」っぽい。。。同人誌の小説の方がマシかな?


しかし『機動戦士ガンダムUC』はアニメ化します。
大胆にアレンジして脚本も変えたストーリー作りを期待します。
まぁ~アニメなので“長ったらしい説明”は無くなると思います。
面白い作品に仕上げてくれることを願って!!


長々と書いてしまった『機動戦士ガンダムUC』の感想でした。


コメント欄に「感想」などを書き込んでもらえると
テンション上がるので。。。よろしくお願いします。


→▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽←

↓『ガンダム30周年記念』のトラコミュも作っているので
よかったらメンバーに参加してください。
色々な期待を込めて、いざ"同志達"集まれ!!
にほんブログ村 トラコミュ ガンダム30周年記念へ
ガンダム30周年記念


↓ランキングに参加しています。応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン


↓メインのHPも よかったら見て下さい。
建人 建築事務所
「建人 建築事務所」



↓HP内に昔製作したガンプラを掲載しています。よかったら見て下さい。
my HOBBYな『ポートフォリオ』(仮)
my HOBBYな『ポートフォリオ』(仮)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
こんばんわ^^

νガンダムは伊達じゃなかったのに、ユニコンは伊達になりそうですね^^;
2009/09/15(火) 21:11 | URL | 神鯖 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kento00.blog100.fc2.com/tb.php/88-352a79d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック